<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

伝わる話方をするためには 2

話す時、昨日はつかみということに重点があると書きましたが、本日は内容面での注意してほしい点を書きます。
① 解りやすくするために、事例を多くする。たとえ話でもよい。
00は、00ということです。これは、たとえれば、水と油のようです。と言えば分かりやすくなります。
② ここは、ポイントですとあらかじめ言うこと
③ 全体像がつかみにくいものは、何を言いたいのか解らない。
   話の全体像をまず見せて、その中の今話しているのは、ココと示すこと。
④ レジュメも文字列だけでなく、図表を多用する。(直感でわかるように)

 最近のよく売れている本は必ず、「見える化」をしています。
 直感で分かることが大切なのがよく分かります。

以上の工夫と準備をしているだけでも、相当緊張は取れますし、自信を持った話方になります。
でも、気をつけてほしいのは、最近特に、パワーポイントに頼る傾向にありすぎます。

聴衆としては、周りが暗いので、つい眠気をもよおします。
道具としてのパワーポイントはよいのですが、必ずホワイトボードに書くようにすれは、
そこを見ますし、ボードに書いたものは、不思議とノートに書き留めてくれます。

そのような工夫をして、伝わる話をして行きましょう。
b0134097_945233.jpg

[PR]

by wh1726 | 2008-07-19 09:50 | 講演  

伝わる話方をするためには

先日、講演会等のプロになりたい方とお会いし、最初の5分間だけ話してもらいました。
う~ん伝わらない。あれもこれも、でわかりにくい。要するに要点は何?言いたいことは
それだったの???? という疑問だらけになってしまっていた。
こうなった原因は、聞き手のことを考えずにしているからなのです。
間違ってはいけないのは、下手!なのでは、無いのです。

日常会話が出来る人ならば、ある程度の矯正と訓練で、出来ます。
まず、つかみの1分が勝負。
① 自己紹介 
② テーマとそれを選んだ理由
③ 本日の聞いてもらいたいポイント3つぐらい
 特に、自分が経験したことを理由に話すと説得力がにじみ出ます。
この出だしを決めておくとたいがいの人はうまく話せますし、緊張がほぐれます。
訓練するのは、最初のところだけで十分です。ビデオを撮ったり、録音したりして、客観的に自分を見直すことが出来ればOKでしょう。

上がってしまっても、日頃の練習が本番にでますので、「事前準備」と「日頃の練習」が大切か
わかると思います。

私は講演前には、必ず、ビデオ撮りをして臨んでます。話す内容より、私の表情の方を気にして
いることが解ったからです。皆様がんばりましょう。
b0134097_8471533.jpg

[PR]

by wh1726 | 2008-07-18 08:51 | 講演