カテゴリ:経営者塾( 11 )

 

事業継承について

皆様、今回は事業継承についてお話したいと思います。

優秀な経営者の方と話していますと、我が社は、100年続く企業に育て上げたいとか

社員教育をこのようにしてゆきたいとか、とにかくご自分がする事業に関しては、大変

意欲的なのですが、何かすこっと抜けていることに気がつかれますか?

 そうです、100年続く企業にしたくても、後継者がいなくては、いやキチンと育てて

いなくては、これも絵に描いた餅でしょう。しかも、経営権の譲渡は、株の取得の割合ですので、

この、贈与、相続の問題もかなり時間をかけて準備しなくてはいけないのです。

しかも問題は、黒字企業であればあるほど、純資産額は、相当なものになっているでしょう。

自社株の評価もそれだけ、すごいことになっている企業が多いのです。

 優秀な社長の最後の仕事として、事業継承を真剣に考える時期にきています。

経営者の平均63才 いよいよ間近な方も多いでしょう。

 これらの問題に対して、国は、中小企業で同族企業にたいしての、相当思い切った対策を

打ち出しています。少々厳しい条件をクリアーしなければなりませんが「納税猶予制度」が

あるのをご存じですか? 知っているが、詳細はわからないとか、私は元気だ!とか言われている

経営者のかた、今のご準備が、100年続く企業へと発展します。

 ホワイトブレーンズでは、事業継承の様々な諸問題に取り組んでおります。提携している

弁護士や公認会計士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、CFP、社労士の方と一緒に

東四国 相続FP代表を務めています。心配な点がございましたら、一度お声かけ下さい。

ホワイトブレーンズ http://whb.jp
b0134980_7364253.jpg

[PR]

by wh1726 | 2010-12-10 07:37 | 経営者塾  

注目 ソフトバンクアカデミア

 注目! 
b0134980_7412752.jpg
経営者目線を孫社長自ら教える ソフトバンクアカデミア 

あのソフトバンク(色々言われてますが)が後継社長を生み出すのに

200人毎 下位10%を入れ替えして選抜下克上、毎回真剣勝負の

教育プログラムを作りあげた。まさにサバイバル合戦

NTTなどの大資本にたいして、勝ち抜くためには、

「一人一人が自ら考え自ら動く」戦闘集団でなければならない との

信念である。孫さん自ら1対1で教えてゆくそうだ。

 まさに、肉食系の経営 教育思想 今の学校教育にも危機感があり、

さらに、自社にも常に危機感をもっている孫さんならではの発想だと思う。


 この動きは、大注目である。ソフトバンクアカデミア。


昨日は、ブルーオーシャン戦略の上級編の第1日目が終了しました。

毎回熱心な受講生から、教えられることや気づきが多くあります。

新事業成功のカギがここにあると思います。

 その他の講習もしております。これにも注目下さい。
[PR]

by wh1726 | 2010-12-06 07:41 | 経営者塾  

お葬式ビジネス イオン、セブンイレブン 価格破壊

 先日、イオン・ペットを強化というのを、ここで書いたばかりなのに
今回は、なんと葬儀ビジネス。この業界では価格の明朗化が遅れていて、
良くわからない請求に驚くということがよく言われていた。
今回、イオンでは、サービスメニューの明確化とそれに対する価格を
明確にして、不透明な部分を無くし、一般の人にも割安感と安心感を
感じてもらう狙いだそうだ。しかも、対立的な仏教業界との話し合い
も順調に進み、坊さんもかなり助かるという3方よし経営を目指すようだ。

さらに、生命保険業界との提携も視野に入れているというから
大手のやることはーと言うものだ。生命保険からどうせ支払われるのであるから、
生前にその金額を明確にして、本人の希望の葬儀を行えばよいだろうし、
システムとして、葬儀後の7回忌までのセレモニーもその金額の中に
入れているので、サービスの充実度が違う。

 2025年には、人口が1億を割り、老人化が30%を超え、
 2050年には、9000万老人が40%を占めるという
 ー人口問題研究所発表ーの統計をみれば、このビジネスの
 市場の広さがわかる。

市場規模は、イオンの試算によると4兆円産業だそうだ。

いよいよ 大手の本格参入に我々中小企業はどのように対処すべきなのか、
「今」考えておかねば
葬儀だからという、旧来の固定観念的な価格設定では、
太刀打ちできなくなるのは明白であろう。

中小は、早く、ペットも含めて、生前の個人の大切なものをどれぐらい把握し、
地域独自の風習、習慣に則った葬儀のあるべきところから見直す時期である。
特にペットは、早々に手を
つけておかねば、大手は、すぐ目の前にやってくる。b0134980_973089.jpg
b0134980_962339.jpg

[PR]

by wh1726 | 2010-11-29 09:10 | 経営者塾  

経営者が身につけるべき能力は?

最近の読みやすい本は、話すように書けばよいなどと書かれていることがあり、そのとおりしてみると、意味が通じないことが多い。話す時は、声の調子や表情や態度があるので、ほとんと
そちらで、感じ取って聞いているというのが解る。一方、文書では、全く違うのである。
つまり、ある程度の論理的な面が要求される。それでないと、何を言いたいのか伝わらない。
伝わらなければ、その本はダメ。
図解シリーズも増えているが、やはり、文書による解説の部分が大切だ。そんなのは、当たり前だと思われるかもしれないが、一度皆様もされてみると解ると思う。
とにかく、経営者は、話せて、書けて、聞いて、解決できる総合能力があれば、飯が食えるプロ
経営者である。ココでの注意点は、話すことより、聞くことに重点をおいて欲しい。
聞けない「ヒト」が多い。困ったものだ。

本日のまとめ
① 文書で伝えるためには、見やすくする
② 文書では、論理性が必要
③ 話すより聞きましょう。b0134980_520293.gif
[PR]

by wh1726 | 2008-10-14 05:20 | 経営者塾  

逆境の脱出法

自分の強みについて考えたことがありますか?強み?と言われて「はて」と止まる人も多いのではないかと思います。堂々と無いとか言われる方もおらb0134980_15374980.jpgれる。
ある人の頭の中では、「あんまり私はこれができる。あれもできる。」なんて子供じゃないんだから!とか「謙虚さが無い人ほど、主張したがるのだ」とか言われている諸氏。「弱みや嫌いなところは沢山あるのだけれと」 と言う声も聞こえてくる。
 まあ、とにかく、強みだけに集中して考えてみることである。声がでかい、雰囲気がやわらかい
なんでもよい。それを見つけ出してほしい。まずは、自分の位置をつかむことです。自覚から始まる。そこから自分の位置を見いだして、やる気につながるとおもう。
[PR]

by wh1726 | 2008-09-09 15:39 | 経営者塾  

ブルーオーシャン戦略の勉強会 第2回目

今回、第2回目のブルーオーシャン戦略の勉強会を開催しました。この勉強を進めるほどに自社の「価値は何か?」ということを真剣に問われます。「バリュイノベーション」つまり、経営理念をさらに明確化させてないとよけいにわかりにくくなり、それを基に、非業界、非顧客層にはどうすれば良いのかという問い答えて行けばよい。道具としては、「6つのパス」に答えて行けば、自然と導き出されるのだが、何せ頭が固い。業界内の競争しか思い浮かばないと途端に、血の海(競争の中へ突入)しブルーオーシャンへ漕ぎ出せない。しかし、「考える時間」と場所、良きアドナイスがあれば、出て行ける。皆真剣に経営をされているが、考え方が一方向を見ている場合が多いのだろう。まじめな経営者が陥る欠点かもしれない。理論的にも感性的にもブルーオーシャン戦略の勉強をお勧めする。目から鱗が何枚落ちるか楽しみだ。下記のドラリオンはブルーオーシャン戦略の典型と言われている。サーカスに猛獣を無くし、ストーリー性を持たせた結果、一人勝ち(ブルーオーシャンへ)行っているからだ。
b0134097_665780.jpg

[PR]

by wh1726 | 2008-05-22 06:14 | 経営者塾  

経営者に必要なことパート3

経営者が陥る病気
1.小商人病   小銭大好き人間で、戦略など大きなことが考えられない。
2.疑心暗鬼病  人を信じられなくなり、何でも自分だけで孤独に陥っている
3、尊大病     自分は全て持っていて、人の言うことを全く聞かなくても良いと思う。
4.理論偏重病  何でも理論・理屈で、人の人情がわからない。
これだけではありませんが、大きく4つと言えます。
病気であるから直ります。何かが足らないと言う思いから、上記の様な病気にかかってしまうのですが、これらの根本原因は、確固たる理念や信念の欠如が大きなものです。基本的には、
会社は誰のため?という問いすらないのが上記の病気全てかかる要因とも言えます。どうすれば直るか?商法の根本精神に則り、所有と経営の分離、会社を別人格として、育て上げるところ、社員を信じて、その能力に応じて任すことが出来るようになれば、早期回復します。
b0134980_6341423.gif

[PR]

by wh1726 | 2008-05-18 06:35 | 経営者塾  

儲けるための基本動作とは

儲けるために必要なこととして、企業経営における「基本動作」ができているかいないかによって、業績に相当差があることが判る。では、その「基本動作」とは何か?経営理念から戦略。戦術、までの6つの善循環(後述*)が明確になっているか?社員と共有化できているかと言う点が非常に大きい。あのトヨタ自動車にしてもそのような「思考」の下支えがなければ、ブランドや経常利益が世界1なんてとても実現出来なかっただろう。それは、中小企業とて同じである。しかし、現実は、そんな事考えるよりも、毎日の現場や営業が大切で、要はお金を稼ぐことが、経営の目的のようなことになってしまっている。船場吉兆など、その典型例といえる。なんでも有りの世界を築いたのである。その結果は、お客様から支持されなくなり、憂き目を見ることに早く気づくべきなのだ。私は、きれい事で6つの善循環が大切だと言っているのではない。これが、出来ていないとすぐ潰れるのが企業なのである。皆潰れないようにしているにも関わらず、その方向性が間違っている「お金だけ」の魔力にとりつかれてた瞬間から腐るのである。「トップから腐る」だから、勉強する必要がある。皆様、経営指針書を是非つくりましょう。お手伝いしますから。  
b0134980_844565.gif
*6つの善循環について
   
[PR]

by wh1726 | 2008-05-15 08:11 | 経営者塾  

うまく伝える方法

b0134980_4183287.gif経営者と話しているとよくいわれることがある。「私は、話すのが得意ですが、うまくまとめられない」と。話すのが得意?このような方の特徴として、脈略がないので、ひどく聞く側が疲れる!のを全く気にしていない。社員はこの独演場に慣れてしまっているので、聞いているふりをしている。結果、「私があれほど言っているのに誰も聞いていない」となる。要するに伝わっていないのである。このような方の病気を治すには、まず、起・承・転・結で「紙に書く」ひどい状態を客観視してもらうことにしている。まず、書けないとか、時間がなかったとか、言い訳のオンパレードが始まる。現実はしていないのだ。そこで、起承転結の意味を話し、起から始める。そうすると話そうとするので、何でも良いから書いてもらう。そこから、キーワードを拾い出して、まとめる
これだけである。これで、伝わる順序ができる。あとは、話方を訓練すれば、伝わる。まずは、脈略づくりから始めるとよい。
[PR]

by wh1726 | 2008-05-10 04:18 | 経営者塾  

1日で完璧!ブルーオーシャン戦略の勉強会

皆様、5月の連休前に「1日でブルーオーシャン戦略」をしっかり勉強いたしませんか?
この戦略の優れているところは、我々中小企業の「業績UP」に直結するだけで無く、普通、戦略論というと、良いのはわかるが、社内へ落とし込むのに難しいものなのですが、
これは、1日の研修で、社内へ落とし込みも可能なレベルまで出来上がること、
また、既存の戦略論を知らなくても十分理解可能だと言う点がすばらしいと思います。

限定20名様です。是非この機会にご参加をお待ちしております。

日時:平成20年5月2日(金)10時~17時
場所:ふれあい健康館 第3会議室 
徳島市沖浜東2丁目16番

費用:中小企業家同友会会員 1万円(税込み)
   一般        1.5万円(税込み)
 
 *参加・不参加のメールください wh4718@ma.pikara.ne.jp
  
(お手数ですが、なるべく、事前のお振り込みをお願いしたします.メールいただけましたらご案内いたします。)

b0134980_7423537.jpg
[PR]

by wh1726 | 2008-04-17 07:45 | 経営者塾